2011年10月21日

keynoteのデータをsigに変換

keynoteのウェイト設定をプラグインMkxExporterで出力させ
そのmkxデータを使い、sigの影響度を変換させることに成功しました。
keynote メタセコ上でモーション付け、ウェイトを確認できる便利なプラグイン。
MkxExporter keynoteのウェイト設定などのデータを出力するプラグイン。

わざわざ計算させることがなくなったので、これまでのim2boxより高速になりました。
keynote、easy3dを利用している方はぜひ使ってみてください。
im2BOX_mkx.zip

10/22 3:25 頂点に5本以上ボーンを割り当てた場合、ダイアログを表示して終了するようにしました。


posted by 26℃ at 17:00| 福岡 ☔| Comment(0) | メタセコなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。