2012年04月17日

重い

AIの出来ることを増やそうとおもったのですが、現在の処理だとすごく重い。
経路探索の処理はまだ軽いのですが、現在どのノードに一番近いかを検出するために。
80ちかいノードとの距離を計り最も近いノードを探したりしてるのですが。
80回もそんな処理をしてると重くなってしまって、どうしたものかと考えてました。

あらかじめノードの座標を50で割って、数値を記憶させておいて。
自分の座標を50でわると、その50の範囲のノードの座標をすぐに検出できることに気付いたのですがこれで少しはかるくなるかなあ。
posted by 26℃ at 01:31| 福岡 ☀| Comment(0) | 製作記easy3d HSP c++ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。