2014年03月03日

hgimg3とkyenote

hgimg3においてメタセコプラグインkyenoteを利用する方法

keynoteのx出力はx軸が左右反転となっており、本来の作ったポリゴンとは違ったものになってしまいます
なのでhgimg3で読み込むときにx軸を左右反転し元に戻すひつようがあります

まずメタセコイアで表示するポリゴンを全て選択し反転させます
xファイルを保存したあと、xファイルに書かれている行列のxの値をを-1にかえます
するとhgimg3で表示はされるのですが、ライトの当たり方が外のポリゴンと真逆となります
xファイルの法線の設定も変える必要もあるんですね

まとめ
1 メタセコでポリゴンを反転させる
2 メタセコでファイルの種類DirectX with Animationを選び保存
  設定のバイナリ形式チェック外す(LR左右はバグってる)
3 xファイルの、行列(FrameTransformMatrix)のxに-1かける
4 xファイルのMeshNormalsの法線の配列のyとzに-1かける
5 全てのモーションデータがはいっているので
  ひとつずつモーションデータを分離、ポリゴンデータに足し合わせ出力させる

この5つを行う必要があります
わかるとおり、keynoteつかうのは手間かかりますね変換ツールつくったのでいちお公開


書いてる途中に別のほうほう思い浮かんだ
xファイル編集でポリゴンを反転させたら
メタセコで反転させる処理と法線編集の必要がないはず

別の方法

1 上記の2
2 上記の3
3 xファイルのMesh面の配列を逆に並べ直す
4 上記の5

参考:xファイルフォーマット、xファイルテンプレート
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc372043.aspx


posted by 26℃ at 20:23| 福岡 | Comment(2) | hspメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kyenoteなんかえらい大変なんですね。。

ttp://bokkateki.up.seesaa.net/image/033.jpg
ふふふ
まだモデル差し替えてない中、こっそりクリア
監視をくぐり抜けてこっそり行動するのが楽しいですね。

最初監視の目を盗んで休むゲームだと思った
私はナマケモノ(´・ω・`)
Posted by bt at 2014年03月04日 00:32
クリアしてくれましたか、監視はラインが可視化してるので難易度ひくいかな
>最初監視の目を盗んで休むゲームだと思った
説明なしで、プレイヤーが悩みながら進めるゲームにしたいので
それには成功かな
Posted by 26℃ at 2014年03月04日 19:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。